Japan Cup vs Paddy/Wyverns

2010-6-7 13:34 投稿者:  Shun

6月5日に富士1でJapan Cupが行われました。

今年度のJapan Cupは富士と佐野でリーグ戦が行われ、それぞれの勝者が10月の全国大会に駒を進めます。各グループは以下の通り:

富士:パディーフォリーズ、ワイバーンズ、アドレ

佐野:佐野、ウォンバッツ、英国大使館(棄権)、学生代表

ということで、アドレは午前にパディーズ、午後ワイバーンズというハードスケジュール。参加者は、はやし(C)、ともや(Wk)、でん、やま、しゅん、きばやし、きせい、あゆき、さなだ、しんぺい、青学1年の珍しい組み合わせ。

さて、パディーと言えば去年はいった大型新人のゴールドスミス氏に要注意という事前情報でしたが、見事に打ち込まれ、138noと大被弾。チームとしても200ランきっかり取られてこの時点で逆転の目がほぼゼロに。10オーバー過ぎからは、ボーラー投げる→バッツマン特大シックス打つ→アンパイアスペアボールを取り出す、という一連の流れがスムーズに行われ続けました。最終的には6,7球ぐらい無くしたかと思われ、アドレの練習に支障が出そうです。

バッティングも200という数字にプレッシャーを感じ、ばたばたと倒れていきます。ハイライトは、つい最近左打ちに転向して、左利き用グラブをつけて出て行ったにも関わらず、右打席でガードを取り、次の球で左に立ちなおした青学1年のたかし君でした(ボーラー、ワイド連発)。結局80ランぐらいでオールアウトになり、へとへとになって午前を終了しました。

午後はワイバーンズ。今年から移籍したあみーごに加え、たくろうとムラケンが助っ人で出場していますが、ゴールドスミスによる富士大虐殺を経たアドレにとってもう怖いものはありません。今回もトスに負け、フィールディングファーストになるものの、しんぺいがあみーごを初球でボールドにしとめます。その後はちの、じゅんめい、たくろうにコツコツ打たれ続け128ランでイニングスを終了。午前サンドバッグになり続けていたアドレは感覚が麻痺していたため、あまり落胆の色はありませんでした。

が、午後のバッティングもバタバタとアウトになり、早々と60ランぐらいでオールアウト。終わった後は全員ぐったりでした。これで今年のJapan Cupは終了です。参加チームが少なく、寂しい感じもありますが、段々参加数が増えて行くことでしょう。

帰りの高速はまさかの渋滞ゼロで、あっという間に帰ることが出来ました。このまま高速1000円が廃止され、ガソリン高騰が続いて欲しいものです。

Japan Cup / 2010/11年 )